定期健診のすすめ

歯医者にいくたびに治療ということになっていませんか?

定期健診で、治療サイクルを予防サイクルに変えていきませんか?
大谷歯科・こども歯科では、3ヶ月—6ヶ月ごとの定期健診をおすすめしています。

どのような形で歯科と関わるかによって、将来的に残る歯の本数が違ってくることが分かるグラフ

どのような形で歯科と関わるかによって、将来的に残る歯の本数が違ってくることが分かるグラフです。
治療によって得られた健康なお口を良い状態で保つため、また将来、虫歯・歯周病などで歯を失うことが無いように、定期的な受診をおすすめしています。

「歯医者は痛くて怖いところ」というイメージから、「お口の中がすっきりして気持ちよくなるところ」というイメージへと変わってくると良いですね。
おいしくご飯が食べるよう、笑顔がいつまでも素敵でいられるようお手伝いできればと考えています。

定期健診って何をするの?

●お口の中に問題がないかチェックします。
●染め出しを行い、みがき残しをチェックします。

磨きの腰をチェック!汚れているところが赤く染まります

●歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスなどの使用に関する再確認やアドバイスをします。
●歯石、バイオフィルム(細菌が作り出すヌメリ)、ステイン(着色)をきれいに取り除きます。

たまった歯石をとります

 

●汚れを取り、歯がツルツルになった状態で歯質改善(強化)、ミネラルパック(フッ素塗布)を行います。

ミネラルパックとは、歯の成分であるミネラル(リン・カルシウムなど)を含んだフッ素を歯にすり込み、歯そのものを強化していく方法です。
お口の状態に応じて3ヶ月から半年に一度、定期的に行っていくことをおすすめしています。

乳歯から永久歯までのむし歯、歯周病の予防

●定期健診の大まかな流れ

定期検診の大まかな流れ